2022年3月28日 (月)

つぶやき

昭和59年に小さい保育所を立ち上げ何年が経ったでしょうか、、、。。

最初は自分の子供2人とみっちゃんという1歳の女の子の3人でのスタートでした。

園児募集のチラシは我が子が寝てからぷりんとごっこというおもちゃのようなガリ版のようなもので下手な絵をかき作ったものです。

そして自分で手配りしながらこぐまは始まりました。

初めてお給料を袋に入れる時、月謝袋に明細を書いて入れる時、何かお金だけの書類というのが寂しくて「つぶやき」をいれ、保護者の方や職員の方に思いを伝えてきました。

 

園の外に貼っていたつぶやきを見て面接に来てくださった職員の方もいらっしゃったり、保護者の方、職員の方に感想を頂いたり、お電話頂いたり楽しい思い出もたくさんあります。こうしてどこかで共感して頂いた時は日々会えなくても心の近似値を感じとても嬉しく思いました。

 

ただ、年とともにだんだんと自分の回顧録みたいになってきてしまい、つぶやきがため息になってきたようでそろそろここで筆をおきたいと思います。

今迄読んで頂いた皆様、本当に有難うございました。

 

最後に前にも載せた文章ですが、もう一度私の好きな文章を記して終わります。書いた人の名前は忘れましたが海外の人だったように思います。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

「子供は自分のことを一番わかってくれる人のために伸びようとするのです。

子供は自分がやったことを一番喜んでくれる人にために伸びようとするのです。

そして再び、その人の笑顔を見たくて頑張るものなのです。」

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

何回読んでも心新たになります。

 

そしてウクライナの少女が地下の避難室で歌うあの美しい歌声が世界中に響き渡り世界中に平和な日が一日も早く来ることを祈ってやみません。

2022年3月 2日 (水)

BEARS BAND

定年退職後に、昔活躍したギターを片手に結成されたこぐまのベアーズバンドが、この度神戸市

社会福祉協議会から感謝状を授与されました。歌を聴いて今迄立てなかった車椅子の方が突然立

ちあがったり、「故郷」の歌に多くの方が涙されたり、そしてバンドが帰った後はうつ病の方の容

態が良くなったと感謝されたり、、、沢山の感動を頂きながら活躍されています。

歌の持つ威力にいろんなドラマを感じます。皆さん!いつでもお声かけ下さい。

2016年4月 結成 神戸市垂水区ボランティアセンター所属

2022年1月 神戸市社会福祉協議会よりボランティア活動の感謝状拝受

活動内容  :高齢者・障がい者施設でギターによる合唱コンサート等

訪問施設数 :約30カ所 延べ約280回訪問

レパートリー:演歌、ナツメロ、童謡・唱歌、フォークソング、ポップス等、約300

後援  NPO法人 こぐまくらぶ  NPO法人 KOGUMA  NPO法人 くまのこ

    一般社団法人 こぐまの丘    

                              

2022年1月28日 (金)

最後に伝えたかったこと

「ビンタ」

みんながコンビニで買うから

弁当を持っていくのが、カッコ悪かったんです。

「いらんねん」と軽く払ったつもりが

母が作った弁当を床にひっくり返してしまった。

黙って手で寄せ集めていた

母の背中を思い出すたび

自分の手を母の手と思って

思いっきり、ビンタしたくなります。

ほんま、ごめんな、おかん。

ほんま、ごめん。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

49歳で亡くなったお母さんへの17歳の息子さんの詩です。

小冊子に載っていて読んでるうちに思わず眼がしらがあつくなりました。

 

親だから甘えた我がままな行動をとってしまい、後悔することって誰にもあることだと思います。でも照れくさくて素直に謝れないのが、また親子かな、、、とも思います。

きっとこの子のお母さんは天国でこの詩を読んで微笑んでいることでしょう。。。。

2022年1月19日 (水)

昔のまんま

昨日、田舎の同級生からハガキがきました。

彼女の愛猫の写真が刷り込んであり、「寒いしオミクロン株も大変だけど毎日生きているだけで幸せです。」という一言がありました。

幸せという文字に彼女の優しい笑顔が浮かびました。

そう、、、、肝心なことを忘れていた。。。と実感し大事なことを教えられた気がしました。。

そして素直に「生きているだけで幸せです。」と言える彼女の心に頭を下げながら何回も読みなおしました。

 

メールやラインでの毎日に慣れてしまっていたのでポストにあった1枚のハガキ、しっかりした達筆の文字は何よりも新鮮な宝物です。

 

小学6年生の時、毎日一緒に帰りながら「あの人、岸田劉生の麗子像に似とらすねえ」とあたりかまわず指さして「ほんなごてー!そっくり!」と失礼なことも忘れて分からないように笑ったり、わざと危ない裏道から帰ってすべったり思い出す日々にはいつもあったかい陽があたっていたように思います。

 

先日、郷里に帰った時、何年かぶりに会い「金子みすゞの家に行ったよ」というと彼女も「うちも行った。中原中也の記念館も近くにあったよ」

いくつになっても好きなものが一緒。思うものが一緒で安心しました。

そして今も詩を書いている彼女には昔のまんまの感性が溢れていました。

 

昔のまんまっていいですね。

私も引き出しから好きなハガキ引っ張り出して

「生きているだけで幸せですねえ」って書くことにします。

 

あったかーい陽だまりの下で。。。。。。

2021年12月15日 (水)

遠い日

病室に入っていくと兄は顔をみるなり手を差し出してきました。細くなった手をさすりながらおかゆを口に差し込んであげました。

笑顔もあり安堵したのも束の間、寒い日の朝、兄は帰らぬ人となってしまいました。

進む時も大胆、転ぶ時も大胆で大声でよく笑う男らしい兄でした。

事業を始めた時、壁に貼った売り上げのグラフを見上げ、私に「昭子、ここまできたぞ!」とのびていくグラフの先を嬉しそうに指さしたのを昨日のように思い出します。

若き日、盆綱ひきという行事があって大きい綱を弁天島まで海の中を泳ぎながら引いて行ったたくましい兄達。。。

      遠い遠い日。。。。。。。。

故郷の海を見ているとよせては返す波のように遠い遠い日が繰り返しよみがえってきます。

寄せてはかえす波が人生そのもののようにも思えてきます。

通夜の日のお坊さんの一言が脳裏に残りました。「人生は長さではありません。いかに生きたか、、、、です」

兄は思い切り燃え尽きた人生だったと思いながら帰路につきました。

2021年11月 4日 (木)

子供はポエム

随分前の「つぶやき」にこぐまの園児の会話を書いていました。数年ぶりに読んで思わず微笑んでいます。子供の言葉はポエムですね!

こぐまの園児と保母の会話を紹介します。

 

S君「おばあちゃんにロボット買ってもろうてん」

保母「そのおばあちゃん、お父さんのおばあちゃん?お母さんのおばあちゃん?」

S君「ちゃう、、、おじいちゃんのおばあちゃん」

            ごもっとも!!!ですね。

公園でブランコ遊びの時、

A君「今度は先生乗って」

保母「いいよ」   ブランコに座った保母のお尻がはみでてるのを見て

A君「先生のお尻こぼれてるよ」

            またまた、ごもっとも!!!

 

楽しい、楽しい子供達の言葉です。皆様もお子様の楽しい会話を御寄せ下さい。お待ちしています。

「つぶやき」に時折、職員の方々や保護者の方々から感想や「楽しみにしています」というとても嬉しいお言葉を頂きながらお礼の言葉をお返ししてなくて申し訳ございません。

きちんとフアイルに挟んで保存しながらいつも感謝しております。有難うございます。

2021年10月12日 (火)

聞いてほしい

この度の総裁選ではいろいろ感じることがあった。

「権力闘争」など思いもよらぬ言葉が飛び出てきたり、巷では幼い子が虐待されて尊い命をうしなっているというのに4氏の討論で虐待という言葉を問題視して出した人は一人しかいなかった。

勿論たくさんの問題は世の中に山積みしているが、選挙のことと同じ位の時間で同じ時期に熱湯死させられた幼い子のニュースも日々流れていた。

 

鬼としか言いようのない、人間とは思えない、、、虐待した人に60度の熱湯をかけてあげたい。。と私は思う。 あまりにも残酷で胸が痛む。悲痛な子供の叫びが聞こえてくる。

そして淡々と市のお偉いさんや児童相談所の人が

「ちゃんと対応した」

「市からの指示が来なかった」

「緊急事案とは思わなかった」という顔を見てさらに怒りがこみあげた。

謝罪の言葉は聞かれなかった。

これが児相のトップの言葉か、、、市の担当のトップの言葉か、、、と落胆した。

何回も母親と面談し、近隣の方々が「このままでは殺されてしまう」と瀬戸際の通報をしているのに緊急事態と思わないような人達は行政に置くべきではない。

公務員の試験など無意味である。

志とやる気さえあればいい。  人の痛みがわかればいい。

 

そして権力追従の議員投票が力を見せへんてこりんな選挙は終わった。

人の話を聞くのが特技であるのなら

新しい首相さん!

 

公文書改ざんの為命を絶った方の奥さんの言葉をしっかり聞いて欲しい‼

虐待されて命を落とした子供の叫びを聞いて欲しい‼

2021年9月 6日 (月)

いなくなったミーコ

いなくなったミーコ

主人の定年をきっかけに私達は淡路島の高台に引っ越した。

ある日庭先にカリカリに痩せた猫が現れた。あまりの痩せ方に私は胸が痛み日々庭先で餌を与えるようになった。毎日どこからか現れるこの猫に「ミーコ」となずけた。

私が車で帰ってくると山の斜面を駆け下りてくる。かれこれミーコとの毎日は7年目を迎えようとするのに急にこの頃見当たらない。庭先においた猫ハウスは時々雨宿りに入ってくれたミーコのご帰還を待っている。  今日も雨。  でも来ない。

どこかで交通事故にでもあっていないか心配で悶々と途方に暮れる。

日常に中にあって当たり前だったことが突然なくなってしまう歯車の狂ったような喪失感に戸惑っている。

そしてミーコの不在からいずれどちらかが先立つであろう自分たち夫婦にも重ねて考えるようになってしまった。

ふっと城山三郎の「そうか、もう君はいないのか」という本の題名が頭をよぎる。

日々感謝もせずにただ在るだけで無意識のうちに満たされていることがある。

長き不在を知った時初めて「そうか」とぽっかり大きな穴があくのであろう。

それは逃れられない現実としていつかどちらかにやってくる。

ミーコの帰りを待ちつつ、日常の当たり前を一つ一つ拾いながら今だ途方に暮れている。



2021年8月 4日 (水)

今年の夏

 

今年の夏

       

日々オリンピックの映像がテレビをにぎわしています。

勝った喜びの涙、負けた悔しさの涙、、、いろんな涙に感動しながらも心から喜べない、感動できない何かが立ちはだかり、いきなり電源を切ってしまうこともあります。

日本がたくさんのメダルをとり、コロナさえなければ拍手喝采で喜んだであろうと思います。

 

あまりにもコロナが感染拡大してしまい今は火事場の中にいるも同然なのにかたやスポーツの祭典は滞りなく展開されニュースはオリンピックの勝敗を声高らかに叫んでいます。

 

医療従事者の方々はオリンピックどころではなく日々尊い命と直面しコロナという病魔に翻弄されていらっしゃると思うと本当に複雑なきもちです。

 

何が正しいのかがもうわからなくなったのか、日本の首相は「安全、安心」とうわごとのように繰り返し全然安全、安心でない毎日が見えてらっしゃらないようにも思います。

 

真面目で謙虚な日本人の心に期待してお願いばかりのスタイルの政治も悲しいかな、なんの効力もなく死亡者0という日はまだ来ません。

慣れてしまったかのように本日の死者〇人と平然と放送するテレビの声を聞くと悲しく情けなくなります。

 

 

何か今年の夏はおかしい夏です。

命の危機とスポーツの歓喜が交錯したおかしな夏です。

かん高いセミの声だけがいつもの夏と変わらず緑の中に響きわたっています。

 

大切な何かがこれ以上狂わないように祈るばかりです。

 

 

 

                           KOGUMA代表 松本昭子

 

2021年7月 2日 (金)

淡路島の観音さん

 

    淡路島の観音さん

 

海岸線を緩やかにカーブすると真っ白の観音さんが海の青さの中からぽっかり浮かび上がる。

淡路島から舞子へ通う度ここを通るとホッとする。

それは観音さんが亡くなった姉の様な気がするからである。

まだ42歳の若さで亡くなった姉の葬儀の日、夫がぽつんと「節ちゃんは観音さんのような人だった」といった。

そうだ、姉は観音さんだったんだ、、、ちょっとの間、空から降りてきてみんなに優しくしてまた空に帰っていった。。。。火葬場の煙突からの煙を見て私は姉の心を探した。

あの煙と一緒に姉の優しい心もどこかへ消えてしまうんだろうか、、、、、と空を見上げた。

 

あれから30年以上がすぎた。

6年前に淡路島に越してきてぽっかりと舞い降りてきたような巨大な観音さんに出会い、夫が言った言葉がよみがえってきた。

姉さんがいる。

カーブを曲がると海の青と空の青に包み込まれた姉さんがいる。

穏やかに一日の始まりを優しく彩ってくれる姉さんがいる。

「節ちゃん、今日も仕事に行くとよ」、、、と私は九州弁で話しかける。

ここを通るたび優しい風が吹いてきた。

 

 

そんな観音さんが老朽化のためこの6月から取り壊されることになった。

空と海に抱かれ立ちすくんでいる姉さんがまたいなくなる。

 

いなくなった後どんな気持ちでこのカーブを曲がるんだろう。。。。

この白さ、青さを惜しみながら私は今日もこの道をいそいでいる。

 

 

                     KOGUMA代表 松本昭子

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お知らせ 園長のつぶやき