2017年11月15日 (水)

絵本

30年ほど前のことですが忘れられないお母さんがいます。

保育でお預かりしていた二人の男の子のお母さんです。

御夫婦で脱サラして大きな倉庫を改修し喫茶店を始められました。

少し遠いところでしたから、モーニングサービスをするため、かなりの早朝からお子様をお預かりしたのを覚えています。

ある日お母さんと話してると、朝早くから夕方遅くまで預けてる分、毎晩絵本を二人に読んであげてるんです、どんなに疲れてもこれだけは続けようと思って、、、、と言われ頭が下がりました。

園で子供達に絵本を読むときはあのお母さんの顔がふっと浮かびます。

絵本を読むと

子供達はいっしんに絵をみます。

美しい絵、おもしろい絵、まだ内容がわからなくても絵から美しいものへの感性が育ちます。私は文章をそのまま読まずに子供が分かる様に崩したり、アドリブを入れながら読みます。

おうちで絵本を読んでもらってる子供は言葉の発達も早く、表現も豊かです。

何故なら目に見えないものを見る力(想像力)がつくからです。

又絵画の中に自分の気持ちを投じる技(わざ)も芽生えます。

日ごろ忙しすぎて教えられない心の教育も物語が教えてくれます。

子供達や支援するお友達の周りを本で埋め尽くしたくなるときがあります。

2017年10月12日 (木)

笑顔

秋日和のこの連休、「菜根譚」を読んでいると

「人格が主人で才能は召使にすぎない。

才能に恵まれていても人格がともなわないのは、主人のいない家で召使がわがもの顔にふるまっているようなものだ」

と記されているのが目にとまりました。

才能を資格とか技術とかに置き換えて考えてみました。

訪問介護、移動支援のサービス提供責任者には介護福祉士か実務者研修修了者の資格が必要。

保育園には保育士の資格か、看護師、保健師の資格が必要。

有資格者で素晴らしい意欲を持ち、実践してきた人、又現在、実践している人もたくさん見てきたし、現在もみています。

資格というのは一つの線引き、ラインで命を預かる仕事には必須かとも思います。

でも長年、人に携わる仕事をしてきた私には「菜根譚」にあるように資格より人格、その人の持つ雰囲気を主として採用、不採用にあたりたいのですがそれは許されません。

私は面接のとき、必ず相手の目を見て話せる人か、笑顔で話せる人かを見ます。面接の間中、こちらから笑顔で話しかけても笑顔がかえってこない人は資格があっても考えてしまします。

何故なら利用者さん、子供達はみんな笑顔を待ってるからです。

そして職場の仲間もみんな笑顔を待ってるからです。

NPO法人KOGUMAでは笑顔の豊かな

 ヘルパーさん、サービス提供責任者、保育士さん、看護師さん、保健師さんを常に募集しています。

お気軽にお電話下さい。    078-785-4855

2017年9月13日 (水)

のぎく学園

前回のつぶやきで書いたのぎく学園からの古いハガキを捨てきれず何となくインターネットを検索したら近藤園長さんの本があることが分かった。

すぐに写真集と詩集を取り寄せ、ページを開き、あったかあい昔の風を感じた。

学校の先生をやめ、自らの家を開放して自分で生徒と起居を共にする。。。。もうこんな人は二度と出てこないだろう、、、、と思いながら本を閉じた。

近藤先生の詩

けむり

けむりが とぶ という

日ぐれの そらを

けむりが とぶ という

この子が

うたうように いうので

そとに でてみたら

くもが とんでいた

はいいろの くもが

ひくい そらを

どんどん とんでいた。

2017年8月22日 (火)

遠い日

古い手紙を整理していると昭和38年ころの切手が貼ってあるのがでてきたり、黄ばんだり、しみがついたりしている便せんに遠い遠い日々が思い出されて夜中まで読みふけってしまった。

私がいくつの時だったろう、、、、、長崎で障がい児のお世話をしていた御夫婦がいらっしゃって、とても運営が大変なことを知り、私は手紙を出した。

それから賀状が二度きたと思う、

「11月8日年賀はがきの売り出しがありますともう一年がすぎたのか、、、と思います。

年賀はがきを書いてお餅をつけば私のお正月はやってきます。

あなた様のお幸せをお祈りいたします。

                                のぎく学園     近藤えい子」

最後の年の賀状である。

1年目のはなくしていたがこの子らにお餅が食べさせれるだろうか。。。と書いてあったのを覚えている。

この後、運営にいきずまり心労が重なり園長先生(御主人)は自ら命を絶たれた、、、ということを新聞で知り驚愕とした日を昨日のように思い出す。

週刊誌にも御夫婦で子供達と手をつなぎお散歩されている後ろ姿の写真があり、鮮明に覚えている。  賀状を握りしめその後ろ姿の写真に泪したのも昨日のようだ。

福祉を心底、心でやる人がいた。

そんな時代だった。

行政からの優しい手もなかった時代だったろうと思う。

昨今の社会福祉法人のお金にまみれた情けない姿を見ながら相反して浮かぶ御夫婦の後ろ姿である。

捨てる手紙、捨てない手紙、、、取捨選択しながらこの黄ばんだはがきを私は握りしめた。

2017年7月10日 (月)

豊かなつながり

雨がしとしと、、、の毎日になりました。

月に一回、KOGUMAのグループホームで主人が「歌う会」をギター片手にやっておりますが、先日久しぶりに参加して以前は人前で歌うのが恥ずかしかったり、抵抗があった方々がいきいきと人前で独唱できていて驚きました。

ジョークも飛び交いながらみんなが楽しんでくれている。ギターを弾けるようになった人もいる。。。。一人カラオケに通って一生懸命練習してきてくれた人もいる。。。。。

歌う会をはじめて1年半。。。。歌詞カードを片手に利用者さんの楽しく歌っておられる姿を見て成長とともに何かほのぼのとしたものを感じます。

ガイドヘルパーさんと二人きりでカラオケに行くのとはまた違った自己表現があるのかもしれません。

なぜだろう?なんだろう?このあたたかさ、、、、、、と考えました。

歌の持つ情緒性、声を出す発散作用、、いろんなことが加味されて人前で歌うことが恥ずかしさから楽しい自己表現にかわり喜び、楽しみとなっているのかなあ、、、と嬉しくなりました。

でもふと気ずいたのはこの人数の構成もありきかなあ、、、、、、と。

児童発達支援の「こぐまの森」で音楽療法の先生がなるべく少人数に分けて一人一人にかかわろうとされてる姿を思い出しました。

多くの人数で何かをやろうとすると個々の姿がぼんやりになってしまい教える側も受ける側も少しずつ焦点がボケていくような気がします。

小さな枠でこそ、一人一人がいきいきできて、お互い見つめられる喜びがあり表現があるのかもしれません。

当法人は小規模、認可外、少ない人数の児童発達支援、放課後デイ、1対1の移動支援と小さな器で頑張ってることが豊かなつながりを作るための大きな宝なんだと思いました。

今でもホームの方々の笑顔がうかんできます!!!!

2017年6月13日 (火)

与える主役

こぐまの児童発達支援センターでは来年、小学一年生になる子に先生方が一生懸命、ひらがなで自分の名前が書けるように教えています。

私も自分がひらがなを覚えたきっかけをふっと思い出しました。

父の会社の取引き先の社長さんがひらがな、裏には絵が描いてあるというか、彫ってある積み木を私が小学校に入る前、お土産にくださり、嬉しくて嬉しくて毎日一人で並べたり、ひっくり返したりしながらいつの間にかひらがなを覚えたのを思い出します。

幼きにして独学(?)でひらがなを覚えました。

その積み木の木の感触、匂い、そして一人で積み木で遊んだ部屋までが今でもよみがえってきます。彫ってあったのでその彫りを触った感触も楽しく触りながら触りながら覚えました。

その社長さんは向井さんと言って背が低く目がまん丸で少し頭がはげていていつもニコニコした方でした。お顔が今でもくっきりと浮かんでくるくらい幼少の時に「喜び」を与えてくれた人はここまで記憶に残るものかと、自分でも驚きます。

又、母が本屋さんから毎月世界文学全集を一巻一巻取り寄せてくれていました。私と姉は二階の窓から「本屋さんがきたー!!」と喜んで走っていきわくわくしたものです。姉と笑いながら、駆けながら、、、、、毎月新しい本を手にしてはページをめくる嬉しい感触もしっかりよみがえってきます。

小さい時に何かを与えてくれた人への感謝は一生忘れられないもので、ここまで記憶に鮮明に残るものだなあ、、、、と今更ながら驚いています。

人とのかかわりが主であるKOGUMAの仕事には皆さんが忘れられない人になるチャンスが山のようにあります。

絵本の読み聞かせ、、、積み木遊び、、又御高齢の方々にも昔の歌や何かよみがえるものを共有したり。。。。どうか、与える主役になってください!!

今回は職員の方々へのメッセージになりましたが保護者の方、利用者の方とこういうことを手を組みながらやっていけたら、、、、と思います。

2017年5月31日 (水)

伝え方

前回のガイドヘルパー講座でラインやメールは嫌いです。とはっきりおっしゃった人がいました。

どうしてですか?と聞いたら、気持ちが伝わらず誤解のもとになるからですとおっしゃいました。

思わず、「私もそう思います。」と答えました。

ライン、メールの普及により、歌を忘れたカナリヤのようになってしまい、声を出して会話することが仕事上も減り、職員間や、利用者さんとのやりとりもメールで済ませるようになった昨今です。

確かに相手が仕事中であっても一方的に連絡ができるので便利と言えば便利です。

でも文字で感情を表すと2倍にも3倍にも激情化してみえたり、行の隙間には冷たい風しか吹いてないように思うこともしばしばです。

そこから誤解や曲解が生じることも多々ありこの便利な手法はやっかいだなあと感じることが増えました。

仕事上の連絡においては文字で残るので確かに事後確認もできて仕事もはかどります。

ただし、そのついでに、気持ちの表現が混ざってしまうと、書いた人の表現力いかんで読んだ相手は不愉快になったりもします。

同じ言葉でもはっきりした声で話していたら、即時に疑問点も聞けてすんなりいったり、笑いながらの会話であれば、目に見えない気持ちというのが通じて誤解も生じない場合があります。

仕事上、携帯は離せませんが私はなるべくならお仕事もプライベートもすべて声を出し、お会いしてお話しし、血の通った会話を心がけようと思っています。

「便利さだけが文化ではありません」

ふっとこの言葉を思い出しました。

2017年4月19日 (水)

二次障がい

先日の新聞の記事を抜粋します。

「発達障害は脳の障害で進行しないという。

しかし発達障害の子供は幼稚園や小、中、高校など幼児期の日常や集団生活の中で自尊感情を低下させ、情緒的に不安定になったり、問題行動を起こしたりすることがある。

二次障がいと呼ばれる症状だ。」

自尊感情の低下は自分ができないことに対する大人の評価や寄り添い方の不足、他児との比較からくるのでは、、、、、と私は思います。

新聞に掲載されている和歌山大学大学院の武田教授の提唱は

「問題に直面した子供に対して支援者がいくつかの方法を提案し交渉を重ね、子供が自主的、主体的に解決方法を選択を出来る様にする。」

例えば

「小学校でみんなと掃除ができない」という発達障害の子供に対して

「ほうきで掃くことはできますか?」

「机やいすを運ぶことができますか?」

などと掃除の一つ一つの動作について尋ねていったところ、雑巾がけができないと分かった。

さらに理由を聞くと汚れた雑巾に素手でさわることができないということが分かった。

そこで「ゴム手袋をすればどうかな?」と提案。

子供は掃除に参加できるようになった。

本人もうまく言葉にできない本当の気持ちを引き出し、できることを選ばせる。

子供が「できない」と立ち往生したとき、寄り添い「選択」ができる状況を作り出し主体性や自主性を大切にしていく。

読んでて

時間はかかっても子供達に自信をつけさせることが私たちの仕事だと思いました。最後に日本は二次障がいになるケースが多いという言葉が気になります。

2017年3月14日 (火)

庭に植えた菜の花にヒヨ鳥がきて、向こうに見える梅の花にはメジロがたくさんやって来てどこからともなく小鳥達が春を運んでくれています。

黄緑の木の芽、チューリップの花、どこか優しい風の中で春に包まれ、冬の服を脱ぎ捨てる時、、、、ほっとして自分のすべてを許したくなります。

後悔も反省もある中、きょう一日は自分のあるがままを許そう、、とあったかい春のコーヒーを飲みながら本を拾い読みしてみました。

マザーテレサの言葉

いかにいい仕事をしたかより

     どれだけ心を込めたか、、、 です。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

目には見えない心、、、それは必ず、子供たち、利用者さんへ伝わります。4月から始まる新年度も皆さんどうぞよろしくお願いします。

2017年2月14日 (火)

適正証明書

数年前にはなかった小規模保育園ができ、児童発達支援、放課後デイができ、福祉はどんどん進んできて喜ばしい限りです。

長い間、認可外保育をやってきて、その中で言葉の遅れているお子様を毎日公園に連れて行き、まず教えた言葉が「空」

一緒にベンチに座り、毎日空を指差し大きい声で「空」を繰り返すうち、お子様の口から「そら」が出た時の喜び、空の青さを今でも昨日のことのように思い出します。31年前のことです。

福祉の枠はすすんだものの

小規模保育園は保育士の資格が必須。。

放課後デイは過半数が保育士か、児童指導員の資格が必須。。

大事な命をお預かりするには当然の必須のラインだと思います。

ただ、その縛りのために保育園も保育士不足で、ほかの要件は満たしてもお子様の受け入れができず、お困りのお母さま方は増えるばかり。。。。

放課後デイはその要件を1年以内に満たさないと閉鎖せざるをえないところも出てくるに違いない。。。。小学生から高校生までみるのにどうして保育士の資格が必要なのか??

そこで一番困るのはお母さま方、可愛い子供たちだということをわかってもらってるのだろうか?

放課後デイは最初の要件が緩すぎて確かに乱立はなはだしい。ここにも、あそこにも、、というくらい町の箇所箇所でにできている。行政は歯止めしか考えていない。

そこで思うのは定員がどうして小規模保育園は19名or22名、放課後デイ、児童発達は10名なのか、、場所の広さによっては定員を増やしてもいいのではないか、、小規模保育園にも3歳以上がいてもいいではないか、、、、、。

そしてもっと思うことは一定の単位を修得した結果の資格証明書も必要だけど、やる気という証明書の方がもっと必要ではないか、、、適正のない、資格証明書お持ちの方に何人も遭遇してきました。(全てではありません、誤解のないように)場合によっては資格はなくてもあたたかい心プラス導入力をお持ちの方にも沢山あってきました。

だからせめて半数は数日間の研修により管理者から見て適正証明書という合格証明書を与えて欲しい。子育て、療育の基本資格はやる気とあたたかさ、、、そして知識、努力です。

何かが見えてない行政をいつも感じます。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お知らせ | 園長のつぶやき