« 我が家のコットン | トップページ | 登りたい山 »

2020年12月10日 (木)

締切はない

年の瀬も迫って参りました。

NHKのラジオで放送された精神科医、夏苅郁子先生の御自分のお話です。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

「統合失調症の母との歩み」

私が2歳の時母は発症した。 父は外に女を作り帰ってこない。

娘の私は母の料理を一度だけ美味しいと言った。 母はそれを8年間毎日作り続け自分はせんべいだけを食べひたすらタバコを吸い続けていた。

夜は寝ずにのそりのそりと歩きまわり訳の分からない事をブツブツつぶやく。中学になって母が制服を作ってくれた。出来上がったものは変なものであちこちに針が残っていた。

学校で凄まじいいじめにあった。階段の踊り場から突き飛ばされた。転げ落ちてスカートがめくれ下着が丸見えになった。落ちた痛みよりそのことが恥ずかしかった。

私は突き落とした5人の男女を階段の下から見上げ心に決めた。「あいつらより絶対いい人生を生きてやる」同時に母への恐れが憎しみに変わった。身なりが貧しいからこんな目にあうんだ。母を恨んだ。見返してやる職業を目指す。

 

医学部に合格し精神科医になった。精神科医の勉強で母の病気が「統合失調症」だったとしる。だが同時に思う。目的を達成しても動機が復讐だと心は救われない。私の過去はボロボロだ。そして今は孤独。母とは全く会わなくなった。

もう1分、1秒も生きたくない。2度の自殺を図る。助かったがしょんぼりと生きていた。

人に言われた。お母さんとこのまま会わなかったらあなた自身が幸せになれない。

そうだ、母を見捨てたままでは自分はろくな人生しか生きられない。札幌に住んでいた母に会いに行く。

 

母は空港まで迎えに来ていた。1台1台のバスに首を突っ込んで私の名前を呼びながら探している。「いっちゃん、いっちゃん」その姿が目に飛び込んできて私は驚く。なんてちっちゃくなったんだろう。再会への不安も恨みも全て消し飛んで私は声をあげた。「お母さん」

独り暮らしの家に入るとあの8年続いた料理が出てきた。母の私への思いは子供の頃に止まってしまっていた。

私は50を過ぎている。人が回復するのに締切はない。

「もう遅い」と言っていたら可能性はしぼんでいく。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

「人が回復するのに締切はない」

    今年一番心に残った言葉です。  みなさんどうぞよいお年をお迎えください。

 

 

« 我が家のコットン | トップページ | 登りたい山 »