« コロナと知事 | トップページ | きいちゃんのこと »

2020年7月 6日 (月)

せみのおべべ

年とともにもの忘れがひどくなり、記憶の糸が1本1本抜けていく気がします。

仕事年齢はとおにすぎていて、忘れることが増えた際には仕事の引き際を見極める必要もありかと、、、ついつい思ってしまう時もあります。

いまだに日々追っていく仕事のあることは私のこの小さな脳においても幸せなことではありますが時々小休止を求め空の青さと海の青さの美しさだけを見つめていたい日も増えてきました。

心が疲れた時、、、、体が疲れた時、、、、私は「金子みすゞ」の詩集を手にします。。

子どもの感性をそのまま直観的に素直に表していて何の見繕いもしない言葉がコロコロとページの隙間からこぼれでて懐かしい風がふいてくるのです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

せみのおべべ                          金子みすゞ

母さま、うらの木のかげにせみのおべべがありました。

せみも暑くてぬいだのよ。      ぬいで忘れていったのよ。

ばんになったらさむかろにどこへとどけてやりましょか。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

優しいおさな心が絵のようです。

« コロナと知事 | トップページ | きいちゃんのこと »