« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月10日 (火)

何か聞こえるよ

静かに。何か聞こえるよ

泣いたり 笑ったり               

発達障害の双子の歩み

「何か聞こえる」と言った長女・ももの好奇心に満ちた顔が忘れられません。そのことを私に伝えようとしている姿を何ともいとおしく感じました。

発達障害の特性を持っているせいか、娘には人間関係の希薄さを感じることがあります。一緒に喜びたいときや、悲しみに寄り添ってほしいときなど、娘はとてもドライなのです。共感で人は絆を深めるとするならば、娘とは、かなわぬ夢かもしれないと思うことがあるほどです。

縛り付けられたポールがきしむ音を知った娘は、私にその音を初めて知ったのはいつかと尋ねました。思いもかけない質問に戸惑いながら、私と会話を楽しもうとする姿がうれしくなりました。

「覚えてないよ」と伝えると、一瞬残念そうにした娘は「初めて知った日がママと一緒で良かった」と笑顔になると、「うれしいことはママと一緒の方がもっとうれしいからね」と言ったのです。

涙がこぼれそうでした。娘の心の大切な部分はちゃんと育っている。ただ見えにくくて、分かりにくいだけなのだとはっきりと理解した瞬間でした。

多くの人が共感を求める場面で娘の反応はいま一つです。そうでない場面で娘は感情を大きく揺さぶられています。それはものの見方や考え方が違うからなのだろうと思いました。

とてもとても悩み多い子育ての中にも、幸せは確かにあります。「やったらだめよ」と厳しく叱っても表情一つ変えない娘。全く泣かない子でした。

ある日、たたんだ洗濯物を部屋中に散らかした娘を叱ると、初めて「ごめんなさい」と泣いたのです。うれしずぎてケーキを買ってお祝いをしました。そんなとき、子育てはいいものだなと、ほんのしばらく心地良い気分に浸れます。 ”  (新聞記事より)

 

「嬉しい事はママと一緒の方がもっと嬉しいからね」。。。なんて感性溢れた可愛い言葉でしょう!

風でポールがきしむ音に「何か聞こえる」っときづいたお嬢さん❢❢❢

大人にとったら何でもない音でも子供にとったら初めての響き!心躍る驚きかもしれません。

そして子どもの言葉には計算のない魔法のような美しさがあります。保育児童デイ移動支援も私達には気づきのない気づきの言葉を子供からも利用者さんからも溢れるように聞こえて来る筈です。。   耳を澄ましてあげてください!!     そして優しく答えてあげて下さい!!

春の風もふきはじめます!!!!!

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »