« 明石の町 | トップページ | 卒園式 »

2019年3月20日 (水)

しだれ梅

3月の初めになると、自然と足を運び毎年、南淡路のしだれ梅を見に行きます。
何回見てもどっさりと梅の花を垂らし人々を包み込む清楚で、かつ大らかな梅の木に母体を感じ、
また、垂乳根を感じゆったりした気持ちなります。
 そして岡本かの子が詠んだ詩を想い出します。
 「梅の木に梅の花咲くことわりをまことに知るはたやすからず」
梅の木に梅の花が咲く当たり前のことなのに・・・
この当たり前の深い意味を毎年、模索しながら精一杯咲き誇る、梅の木を見上げています。

« 明石の町 | トップページ | 卒園式 »