« 保育士 | トップページ | しだれ梅 »

2019年2月15日 (金)

明石の町

この度の明石市長のニュースではテレビに釘付けになりました。

1期目の選挙前はこぐまくらぶが運営するB型事業所のお好み焼きの「こいち」にも来てくださり、厨房まで入って挨拶をされていましたし福祉の集まりの時も同席し明石の保育の動向について尋ねたりもしました。

お会いした時の印象はとても腰が低く感じられ、市長にしてはあまりパワーを感じさせない人に見受けられたのですが、ニュースを見てて言葉は別にしてこれだけのパワーや気力があった人なんだ、、とびっくりしました、、、、、そして暴言のひどさに逆のびっくりもありました。

ただ、どなたが録音されたのかわかりませんが、2年も前のを選挙前になって出すという嫌らしい作戦的なものが見えて、人間として情けないものを感じます。

本当に憤ったならば即時に出すべきだと思いますし、今まであたためていて選挙前のこの時期に出すのは単なる足の引っ張りなのか、、、、、と。

明石市に仕事で携わるものとして複雑な気持ちでしたが、今日辞職の会見を見て、最後は明石市役所の職員のことを思い謝罪され、理性に勝った言葉の連続に安心しました。

エリート市長という文字がテレビの画面に何度もでていましたが、本当のエリートは学歴ではなく、度量や心の器の大きさだと思います。残念ながら言葉を選ばずに感情をぶちまけられたのは、どこかにおごりたかぶりが内在していらっしゃったのかも、、、と思ったりもします。

先日、明石園を見学に来られたお母さんが市長が変わって子育て支援が宙ぶらりんになったらどうしましょう、、と仰ってました。

ここまで明石の町を変革し、折角7,500人も人口を増やされ一つの足跡をこの町に大きく残されたのですからそれを誇りとし、選挙前にこぐまに来られた時の初心にかえられることを祈ります。

又次期の市長さんが誰になるのかわかりませんが、「子育てのしやすい町」というキャッチコピーが「待機児童ワースト1の町」になってしまった経緯を考え、「子育てのしやすい町」というキャッチコピーが生きる町にしていただけることを祈ります。

« 保育士 | トップページ | しだれ梅 »