« こだまでしょうか | トップページ

2018年12月 6日 (木)

12月という1年間の締めくくりの到来の早さを年おうごとに感じている。

そして12月という月は三つ年上の仲の良かった姉が事故で逝ってしまった私にとって一番悲しい月でもある。もうあれから30年が経過した。

こともあろうにその日は九州でもひょうが降る寒さであったらしい。

友人が遠くにいた私に「昭ちゃんが唐津におったらこやんかことにはならんかったとに、、、」といった言葉が今も耳元に残っている。

「昭ちゃん、生きていける?」といった友人もいた。

いつも一緒にいた仲の良さを知っているので思わず出た言葉であろう。。。。。。

4人の子供を抱えて離婚した姉は、その日はお酒を飲んで運転していたための事故であった。

傍にいたらいろんなこと聞いてあげれたのに、、、、と悔やみきれないくらい悔やんだ日を思う。

苦しみや悲しみ、よろこびも笑いも幼い時から共有し、こんなに価値観の一致した人はこの年に至るまで誰一人現れないまま今日を迎えた。

兄の会社の社員さんがけがをして入院した時に「昭子、お見舞いに行こう」と言ってバケツと洗面器を持っていて何をするのかと思うと姉はベッドに寝せたまま、まだ入浴できない彼女の長い髪をバケツ一杯お湯を組んできて洗いはじめた。まだ姉が19歳くらいの時である。

当時は病院に洗髪の設備などなかったので涙を流しながら喜ばれたのを思い出す。

我が家で一番美人で華奢だったにもかかわらず一本筋の通った琴線のような正義感、類のない優しさをもっていて、亡くなった後、主人が「観音様のような人だった。」といったのを覚えている。

私のろ過機のような人で姉にどんな苦しみをはいてもきれいに浄化して笑わせてくれる人だった。

姉の没後、三年間は笑えなかった私がこうして記すことができるようになったのも時間の経過だけに救われて、、、笑える今があるからであろう。

そんな12月、、、駆け足で奔走している自分にそろそろため息がでてきて天真爛漫に姉と笑った日々が懐かしい。。。。。戻りたい。。。。

年をとるということはある意味では前ばかり見ずに、振り返りながら、後戻りすることもありかな、、、、、と亡き姉をしのびながら思う12月である。

« こだまでしょうか | トップページ