« ヘルパー会議 | トップページ

2018年9月13日 (木)

吉田松陰

この夏、以前から行きたかった萩の吉田松陰で有名な松下村塾(しょうかそんじゅく)に行ってきました。

松下村塾は神社の境内の隅にあり、意外と小さな部屋でした。でもこの小さな部屋から幕末を揺るがす大きな車輪がスタートしたのだと思うと感無量でした。

29歳という若さで処刑された吉田松陰ですが、短い人生に託した情熱、思い、成し遂げた行動力は現代にはもう、なきに等しい闘志かな、、、、、、とも思いました。

処刑前の牢獄で最後に詠んだ言葉が石碑に刻まれ松下村塾の前にあり、思わずたたずんでしまいました。

”親思う心にまさる親心

きょうのおとずれ何ときくらん。”

親を思う心よりも強い親からの愛の心、、、今日の処刑のことをどんな気持ちで聞くのだろう、、、、と解釈しました。

確かに親を思う気持ちも親として子を思う気持ちも両方を経験している私は両者は計り知れないものと判断しますが29歳の若さで逝った親思いの松陰の牢獄での最後の絶叫が聞こえてくるように感じて思わず石碑を撫でたくなってしまいました。

また、松陰の言葉に

”君子は何事に臨んでも

それが道理にあっているか否かを考えてその上で行動する。

小人は何事に臨んでも

それが利益につながるか否かを考えて行動する。”

とあります。

福祉に携わる人々の中でも、やはり給与、休憩、休暇、福利厚生、自分の目先の利益ばかりが主となる方々が増えて志はどこにあるんだろうとがっかりしていた毎日。。。

福祉の利益はやりがいという大きな人生の利益であることを知ってる方と出会いたい。。。。。。。。。!

暑い夏、松陰の言葉の響く一日でした。

« ヘルパー会議 | トップページ