« 認可外保育 | トップページ | 新しい春 »

2018年1月15日 (月)

年のはじめに

30年ほど前に出会った言葉です。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

子供は自分のことを一番わかってくれる人のために伸びようとするのです。

子供は自分がやったことを一番に喜んでくれる人のために伸びようとするのです。

そして再びその人の笑顔を見たくてがんばるものなのです。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

保育でも移動支援でもこぐまの森でも携わる私たちが心にとめておきたい言葉です。

私たちも子供達や利用者さん達の笑顔をみるために頑張らなくては、、、、と年の初めになると思います。

今年は私も古希を迎える年となりますが

   人に支えられ、言葉に支えられながら、ここまでの自分があるように思います。

そして保護者の方々、御利用者さんの方々、職員の方々との御縁が今ここにあることを感謝しながら今年はゆっくりと牛歩なる毎日を過ごしたいと思っております。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

« 認可外保育 | トップページ | 新しい春 »