« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月10日 (月)

豊かなつながり

雨がしとしと、、、の毎日になりました。

月に一回、KOGUMAのグループホームで主人が「歌う会」をギター片手にやっておりますが、先日久しぶりに参加して以前は人前で歌うのが恥ずかしかったり、抵抗があった方々がいきいきと人前で独唱できていて驚きました。

ジョークも飛び交いながらみんなが楽しんでくれている。ギターを弾けるようになった人もいる。。。。一人カラオケに通って一生懸命練習してきてくれた人もいる。。。。。

歌う会をはじめて1年半。。。。歌詞カードを片手に利用者さんの楽しく歌っておられる姿を見て成長とともに何かほのぼのとしたものを感じます。

ガイドヘルパーさんと二人きりでカラオケに行くのとはまた違った自己表現があるのかもしれません。

なぜだろう?なんだろう?このあたたかさ、、、、、、と考えました。

歌の持つ情緒性、声を出す発散作用、、いろんなことが加味されて人前で歌うことが恥ずかしさから楽しい自己表現にかわり喜び、楽しみとなっているのかなあ、、、と嬉しくなりました。

でもふと気ずいたのはこの人数の構成もありきかなあ、、、、、、と。

児童発達支援の「こぐまの森」で音楽療法の先生がなるべく少人数に分けて一人一人にかかわろうとされてる姿を思い出しました。

多くの人数で何かをやろうとすると個々の姿がぼんやりになってしまい教える側も受ける側も少しずつ焦点がボケていくような気がします。

小さな枠でこそ、一人一人がいきいきできて、お互い見つめられる喜びがあり表現があるのかもしれません。

当法人は小規模、認可外、少ない人数の児童発達支援、放課後デイ、1対1の移動支援と小さな器で頑張ってることが豊かなつながりを作るための大きな宝なんだと思いました。

今でもホームの方々の笑顔がうかんできます!!!!

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »