« 心 | トップページ | 伝え方 »

2017年4月19日 (水)

二次障がい

先日の新聞の記事を抜粋します。

「発達障害は脳の障害で進行しないという。

しかし発達障害の子供は幼稚園や小、中、高校など幼児期の日常や集団生活の中で自尊感情を低下させ、情緒的に不安定になったり、問題行動を起こしたりすることがある。

二次障がいと呼ばれる症状だ。」

自尊感情の低下は自分ができないことに対する大人の評価や寄り添い方の不足、他児との比較からくるのでは、、、、、と私は思います。

新聞に掲載されている和歌山大学大学院の武田教授の提唱は

「問題に直面した子供に対して支援者がいくつかの方法を提案し交渉を重ね、子供が自主的、主体的に解決方法を選択を出来る様にする。」

例えば

「小学校でみんなと掃除ができない」という発達障害の子供に対して

「ほうきで掃くことはできますか?」

「机やいすを運ぶことができますか?」

などと掃除の一つ一つの動作について尋ねていったところ、雑巾がけができないと分かった。

さらに理由を聞くと汚れた雑巾に素手でさわることができないということが分かった。

そこで「ゴム手袋をすればどうかな?」と提案。

子供は掃除に参加できるようになった。

本人もうまく言葉にできない本当の気持ちを引き出し、できることを選ばせる。

子供が「できない」と立ち往生したとき、寄り添い「選択」ができる状況を作り出し主体性や自主性を大切にしていく。

読んでて

時間はかかっても子供達に自信をつけさせることが私たちの仕事だと思いました。最後に日本は二次障がいになるケースが多いという言葉が気になります。

« 心 | トップページ | 伝え方 »