« タッチケア | トップページ | 保育所 »

2016年8月16日 (火)

ドンマイ

学生時代、卓球をやっていたのでオリンピックでの卓球にはくぎ付けになり、久しぶりにちいさな白球を追う感覚を思い出しました。

福原愛選手のシングルの接戦には思わず拍手したり、「あーー!!」と叫んだり興奮してしまいました。

相手の選手に対しても思わず口惜しい思いを抱いてしまいましたが試合が終わり、勝利しながらもタオルで顔を覆い泣き続けているその選手をみるとスポーツの美しさをしみじみ感じます。

彼女にとって最高の達成感だったに違いありません。

技を競うすばらしさ。。。。。。。感動です!!

スポーツならずとも誰もが競争心、闘争心を持ち合わせていて何かの折に形になって出てきます。

ただ、スポーツにおける競争心はさわやかで勝っても負けても涙があり、その時の涙には格別まざりけのない美しさを見ている方にも感じさせてくれます。

仕事の競争心にもこういう達成感を追う美しさが欲しいと思いました。

先日、イチロー選手のサングラスの下から頬を伝い流れた涙を見ながらこの涙にはいろんな思いがぎっしりと凝縮されてることだろう、、、、と思いました。

小さいころ「プロになるわけじゃなし、、、、、」と笑われたことが今までのバネになったと話していたイチロー選手。アスペルガー症候群という噂もありますがなんであろうと関係ない、、、、努力したものが勝ちなのだと思います。

そして卓球の試合中、自分が失敗したときに仲間が後ろから「ドンマイ、ドンマイ!!」と大きい声で言って応援してくれ、元気を取り戻した自分も思い出します。ドンマイは九州弁かとおもっていたら主人に「Don't mind」の略である、、、と言われ驚きました。   意味からすれば「気にしない 気にしない」

英語だったとは、つゆしらず、、で笑っちゃいましたが、この

「ドンマイ!ドンマイ!」に試合中どれだけ助けられたことか。。。。。。。

仕事でも美しく競いあい、失敗したら仲間からの「ドンマイ!!ドンマイ」を思い出し次の一歩を踏み出せる自分でいたいと思う夏の終わりでした。

« タッチケア | トップページ | 保育所 »