« 「我慢しない」 | トップページ | 長渕剛 »

2016年1月15日 (金)

仕事の基本

「ブルータス、おまえもか」という気持ちでがっくりの年末です。

以前にも〇〇士とつく職業の人は多々勘違いをしてる人が多いと書いたことがありますが、設計士、税理士、医師(士は違いますが)、弁護士等々ですが、クライアント(いわゆる代金を支払う人側)をお客さんと見てない方が多く、潜在的に自分の立場が上である意識が強く、こちらの質問を無視して返答もなく結果を出したり、自分のミスには謝罪もないことがあります。

プロ意識が強いのはいいですが、本当のプロはノンプロに対して分かりやすく、丁寧に説明するでしょうし、「これも知らないのか」風情ではありません。

自分のミスは丁寧に謝罪するでしょう。

資格というものは一枚の紙切れで証明されるものですが、人格というのはその方の対応力、人間力で証明されます。

理事長という立場から新しいことをはじめる時は女だてらに金額やいろんなことで交渉しなくてはならず、大抵相手は男性です。

私が男だったらこんな対応はしないだろうに、、、とふっとため息をつく時が何回あったでしょう。。。

私が今までで一番人間的に感じるのは小さい会社の営業マン、外食産業のでっかい声で「いらっしゃいませ」と叫ぶ人たちです。

小さい会社ほどしょってるものは大きく、ひとつの物を売るためにも一生懸命頭を下げられます。外食産業の方々はお客様を大事にする姿勢をよく訓練されとても低姿勢です。

小さなお店でも入った途端、明るい笑顔で「いらっしゃいませ」と言われるとこちらも笑顔で答えたくなりその声に感謝します。

やはりこれが仕事の基本だと思います。

嫌な思いを払拭するために、今日も小さなお店に入り、元気な店員さんの声を聞き心のあったまるコーヒーを飲みながら仕事の基本を学びたいと思います。

« 「我慢しない」 | トップページ | 長渕剛 »