« 恩師 | トップページ | 「我慢しない」 »

2015年8月17日 (月)

仕事への姿勢と肯定思考

ある日、お仕事を頼んだ時、「はい、喜んで」と元気な声が跳ね返ってきて、とまどいと喜びに困惑しました。

自分の部署以外のことを頼んだにもかかわらず、彼女は明るい声で答えてくれました。

そして彼女の仕事のとらえ方の姿勢をとても嬉しく思いました。

誰かが困ってるところを助けてあげようという意気込みも感じました。

仕事に対する感覚は人さまざまであります。

パートタイマーとして私生活を中心に一定の報酬のためにのみ働く人

人間が好きでこの仕事を喜びとして活動する人

自分のミスは許せても人のミスは許せない人

他者に依存し、ことがなせないと他者のせいにする人

ルール以外のところまで責任を持って全うしようとする人

そんな日々の中、彼女の「はい、喜んで」は新鮮に気持ちよく私の雑念をふきとばしてくれました。

マニュアルがあり、日々指導者がいても伸びない人は伸びません。

本当に意欲と能力のある人はマニュアル以外の直感を働かせ自分で考えるということの重要性を知っています。

人を相手とする私たちの仕事は毎日がスタートラインであり、利用者さん、生徒さん、と出会った最初は誰もが0の地点にあります。

そこで発生するのが不安か意欲かの違いで対応力の差がでてくるように感じます。

それは学歴でもなんでもなく、仕事に対する感性であり、適性であります。

この夏、彼女の「ハイ、喜んで」の元気な肯定思考が何度も頭をよぎります。

« 恩師 | トップページ | 「我慢しない」 »