« ふしぎなともだち | トップページ | 覚悟力 »

2015年5月12日 (火)

お別れの春

お別れの春が来て、新しい門出の春が来る。

この1年間の先生方の熱意が結集する発表会、卒園式・・・・

ひとつひとつに先生方のあたたかい気持ちと子供たちのかわいい「やる気」をみせてもらえる最高のひとときです。

先週土曜日、北神戸園の発表会、卒園式が終わりました。

小さいながらに一生懸命セリフを言ってくれるお友達・・・

お母さんのお顔が見えて泣き出すお友達・・・

恥ずかしくてジョン先生の前で固まってしまったお友達・・・

舞台の上からお父さん、お母さんに手を振る余裕のお友達・・・

これもみんな私にとったら、ひとつの番組であり子供たちのおりなす絵画に見えます。

一人で卒園式を迎えるY君にどうしても黒田節を踊って欲しく平井先生とスクラム組んで教えて参りました。が、寸前に右腕を骨折してしまい、どうしたものかと思っておりましたらY君が「お父さんとお母さんに黒田節を見せたかった・・・」と泣いているということを聞き、涙が溢れていてもたってもいたれなくなって、Y君に電話しました。「片手でもやれる?」と聞いたら「うん、がんばる、園長先生、来て!」という言葉に励まされ振付を変えながら、何とか発表会を迎え、一生懸命に片手で踊ってくれたY君に感動しました。

「お父さん、お母さんに見せたかった」・・・Y君の言葉あってこそでした。

そして最後のお別れのお歌で一番喧嘩したり、ふざけてたりしてたお友達が涙を流してる姿も焼きついて離れません。子供たちには演出も作為もなく私たちを感動させてくれるものですね!

« ふしぎなともだち | トップページ | 覚悟力 »