« あったかい時間 | トップページ | おもい »

2015年1月27日 (火)

最高の教師

酷暑の夏が少しずつ遠ざかり、吹きすぎる風に優しさを感じます。

この夏、法事のため、親戚の方が集まり淡路島の小さな料亭で食事をとっていると、隣の座敷でどうやら学校の先生が慰労会か何かやっていて田舎なので声がまる聞こえでした。
一人、一人何やら発表されていて一人の先生の言葉が脳裏から離れず帰ってネットで調べると出てきました。

アメリカのウイリアム・ウオードという人の言葉で

「平凡な教師は話して聞かせる

よい教師は説明する

優秀な教師はやって見せる

しかし、最高の教師は子供の心に火をつける」

確かに小学校、いや保育園時代から先生という存在は子供の心の中で家族の次に大きい存在です。
その分、一言一言が子供の心に響きます。
子供たちにとったら自分より上の存在なのだから、いい影響を与えられる人間でないといけません。
私も小学校5年生の時の先生の言葉で自信がつき今でも忘れられない自分にとって嬉しい言葉があります。
私の心に火をつけてくださったと思っています。

KOGUMAの仕事にも関連すると思い、ウイリアム・ウオードの言葉を記させて頂きました。

保育園の子供たち、
ガイドヘルパーでお世話する方々、
そして御高齢の方々の心に火をつける存在でいて下さることを職員一同に望む夏の終わりです。

« あったかい時間 | トップページ | おもい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あったかい時間 | トップページ | おもい »