« 「絶対治る」 | トップページ | 保育に思うこと »

2013年11月12日 (火)

感触と心

✿綿花の花をそっと握る

♥かわいい犬のぬいぐるみをぐしゃっと音がするまで握ってみる

♡ふわふわのクッションにそっと座ってみる

♫足先があったまる毛だらけのスリッパをはいて部屋中を歩き回る

✺心の中まであったまるような優しい感触の毛布を頭からかぶって寝る

♠頬紅とやらをうっすらつける化粧用の毛筆、パフでほっぺをさするように回してみる

☆プレゼントでもらった履いてびっくりの中にふわふわの繊維が入っている大きな靴下

☃そういえば、昨日、店先で見た大きな布製のパンプキン、触るとフワッとして買い

  たくなった

              高そう、、、と思って買わなかったことを、今とても後悔している。

もう他には柔らかいものはないかしら?、、、、と部屋中を見渡す。。。

そう、赤ちゃんが求めてるのは無条件に柔らかいお母さんのおっぱい

こぐまの子供たちの周りを柔らかいもので埋め尽くしてあげたい。。。

きっと心の優しい子に育ってくれると思う。

そして何よりも優しい、柔らかい保母さんの笑顔が必要。笑顔には笑顔がかえってくる。

大人同士でも。。。。。

柔らかいものに触れると指先から心の中にあったかさだけが充満してきませんか?

この感触を園児やガイドしてあげるお友達には教えてあげる、ご高齢の片には思い出させてあげる、、、、こぐまの先生、ヘルパーさん、どうぞ、柔らかいものを見つけて一緒に触って見てください。

                                      こぐま  松本昭子

« 「絶対治る」 | トップページ | 保育に思うこと »