« 人と人のつながり | トップページ | 愛の言葉 »

2010年11月10日 (水)

保育所

楽しい運動会も終わり、寒さが足早にやって参りました。保育園の運動会は私事で留守していたので見れなかったのですが、毎年先生方の企画、指導力、生徒さんの頑張りには目を見張るものがあり、ビデオでゆっくり観るのを楽しみにしています。作業所の運動会は2チームに分かれ盛り上がりました。みんなの元気が見れて、とても嬉しかったです。

テレビでは事業仕分けの中継が面白く、歯に衣きせない仕分け人の裁きに快感を覚えます。

本当に国民の知らなかった無駄使いが、こんなにあったとは呆れるばかりです。

それがみな国民の税金なのですから、腹が立つことしきりです。

民間の会社では有り得ない、許されないことが赤字を継続しながらでも、まかりとおる実態と危機感のない官僚達・・・

最終責任の問われない社会なのかな??と思います。

不要なところにこれだけの無駄なお金が流れながら・・・

少子化対策、保育所不足・・・と言いながら認可外保育所には、いまだに1円の補助もありません。

生徒の増減にビクビクしながら、運営の方向性を考えなければならない認可外保育所の存在を国はどう見てるのでしょうか????

数年前、神戸市役所で「神戸市は無認可を認可する気はさらさらありませんから」と、冷たく言い張った保育課の係長の言葉が浮かびます。1円の補助もなく、家賃を払い、人件費を払い、国がなすべき仕事をやって働くお母さん方を助けている職場へ言える言葉かな???と思いました。その係長もきっと転勤で、もう保育課にはいないから自分が言った言葉、傷つけた言葉に対する責任は何も無いのです。

一生懸命やっている認可外保育所に少しでも補助を出して頂き、利用される方の月謝も負担が軽くなり、よりよい環境作りが出来る日は・・・くるのかなぁ・・・と思いつつ、事業仕分け人に、こぐまの運動会のビデオを送りたい気持ちで一杯です。

 

 

 

« 人と人のつながり | トップページ | 愛の言葉 »